没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

日常の謎を喚起させる『REPLAY & DESTROY 第4話「星ひとしずく」』を観賞した《評価・感想・レビュー》

もしかしたらこのドラマは日常の謎系統なのかも

 この第4話がかなり顕著ではあるのですが、『REPLAY & DESTROY』は日常の謎を取り扱ったミステリ作品なのかも知れないなと。日常の謎といえば日常生活の中に潜む謎に迫るジャンル(有名どころだと米澤穂信作品など)、小説とりわけショートショート界隈で結構存在して、そのライトなストーリー性が気軽に楽しめるものとして一般的に評価されている(と個人的には勝手に考えている)。

 思えば、第1話〜第3話も、日常の中の「どうしてだろう? なんでそうなった?」ということに登場人物たちが挑んでいて、気付いてみると、むしろ製作陣はそこのところに重点を置いているんじゃないかな。そこに主人公の横山要が名探偵役となり、鮮やかな舌鋒で物事を解決していく。うーん、良く出来ている話だなぁ〜と関心した。

 以下、第4話の中身について語っていきたいと思います。ネタバレにご注意ください。

あらすじ

 真野(林遣都)がスーパーで万引きするおじさん・竹中(手塚とおる)を目撃。竹中の万引きはバレて万引きGメンである葉月(井上和香)が捕らえる。真野は後日、また同じような光景を目にするが、何故か葉月はおじさんを見逃す。一体これはどうしたことなのか? 興味津々でその話を聞いた横山(山田孝之)は是非とも内情を知りたいと執拗な張り込みを続けるのであった。そしてついに竹中を見付けることに成功するのだが……。


REPLAY&DESTRTOY 4話予告

問題の解決策を犯罪に結び付ける危険さ

 今回の話の根底にあるのは竹中が抱える家族問題なのですが、その問題を解決するために彼は犯罪行為である<万引き>に手を染めてしまうわけです。その問題というのは、自分の息子が引きこもりになってしまっているという事実なのですが、竹中はそれを解決する手段として先述の行為を選択したと。自分が罪を犯して留置場に入れられたら息子が迎えに来てくれると思ったらしく、何とも本末転倒な話です。ただ、人は追い詰めれてしまうと自分でも信じられないような短絡的な行動を起こしてしまうので、竹中はそれの犠牲になってしまったのでしょう。なお、その話の内容については葉月も彼から聞いており、それに同情してしまったがために竹中の行動に目を瞑り続けると悪循環のループが発生してしまいます。

 お金がないから強盗するとか、恨みがあるから暴力に訴えるとか、引きこもりを出すために窃盗を犯すとか(?)、いずれも火に油を注ぐ結果となっている。問題の解決策を講じるのであれば、その問題をシンプルに捉えた上で様々なアプローチを検討し、トライ&エラーで方策を試してみなければならない。このブログのアクセス数が伸びないからって、Googleのサーバーにハッキングを仕掛けて検索上位に出るように操作してはならないのと一緒です。

横山要は正直で狡い男

 相変わらずというと表現が悪いのですが、第4話でも最終的な問題解決手段は横山の好調な演説です。横山は口が達者でなかなかどうして良いことをいっているように感じるし、実際にそれが結果に出ている。ただ、横山は正直な奴なので「お前のことなんて知らねーよ」って結構な頻度でいっちゃう。しかし、それをいった後に「……だけどな」という具合に物事の反証を語っていくために、余計に話を聞いている相手が納得を感じてしまう。これって狡い話法だなぁと思いながらも、私はこれは仕事でも使えそうだなと思ったり、少し感化されてしまっているのかも知れないけども、押したり引いたりするこの話し方についてはある意味では勉強になりそうな気がします。

 ということで、犯罪は良くないよね! というエピソードでした。万引きって語感の軽さから軽犯罪だと思われがちですが、窃盗ですので立派な犯罪行為です。軽犯罪というのは軽犯罪法で定められているものだけが対象となってますので、今一度目を通してみましょう。

軽犯罪法

 例えば「入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者」などのことらしいです。それぞれ見ていると、案外ご近所トラブルな内容が多いですね。知識としてあっても良いかも知れません。【管理番号:R001-001-004】

 

 第5話の感想は以下から。

いつにも増してぶっ飛んでいる『REPLAY & DESTROY 第5話「酩酊ピエロ」』を観賞した《評価・感想・レビュー》 - 没個性テーマパーク:EXTRA

 

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.