読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

ご年配でも使えるパソコンについて考えてみたけど、大した内容にならなかった

老人とパソコン

 まず最初に、本稿はお年寄りを馬鹿にするものではないということをご理解頂きたい。前々から疑問に感じていることで、改めてどうしたら良いのかを検討し、自分なりにまとめてみようと何となく思い立っただけである。老人とパソコン問題について、一体、我々は何が出来るのだろうか……大袈裟ないい方な気がしてきた。ぶっちゃけ大した内容じゃないです。

 サービス業や小売業、その他諸々の業種何でも良いのですが、直接的にお客様と接する仕事をしている際にこんな場面がよくあります。

 

 割引を求められているお客様に対してのご説明。

「当社のホームページにアクセスして頂くと、そちらに各種クーポンへのURLリンクがございますので……」

「ホームページとかインターネットとか分からないから! もういい!」プンプン! で、いなくなる。

 

 まあ、そもそも<クーポン>とか<URLリンク>とかいう言い方も既に不親切なので、これは極端な例なのだけど、こういったパソコンを使用する類のサービスについてご説明をしている際、何故にああもご年配の方々は頑ななのか。未知なるものへの違和感と億劫な印象(端的に面倒くさい)というのもあるかも知れないけれど、それにしても拒絶反応が凄い。

 確かに我々のように、日常的にインターネットをしていたり、パソコンを操作して仕事をしていたり、ExcelだとかWordだとかを編集したり、自宅ではプライベートでiTunes使ったり、こうやってブログを書いたりしている世代と違って、お年寄りにとってのインターネット・パソコンってあまりに敷居が高いのでしょうね。

 ただ、何が敷居を高くしている原因なのか、どうして拒絶反応が出てしまうのか、どうすればこの便利な機械に慣れ親しんでくれるのかというのを考えてみたい。

パソコンで何が出来るのかを知らない

 まず、これがあるんじゃないでしょうか? ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズが色々と整備してくれたのに勿体ないですよね。具体的にパソコンで何が出来るかというと──ご年配の方々には何ていえばいいんでしょう? ①調べ物が出来る。 ②文章が書ける。 ③絵が描ける。 ④ゲームが出来る。 ⑤知っている人とテレビ電話が出来る。 ⑥知らない人ともやり取りが出来る(SNS)。 ⑦ショッピングが出来る。オークションにも参加出来るし、出品者にもなれる。 ⑧FXが出来る。博打して大損も出来る。 大体、こんなところでしょうか? こうやって羅列すると、結構色々なことが出来ると理解してもらえるかも知れませんが、私の想像力もないので偏った内容となってしまいました。ただ、パソコンってものは自由度が高くて、結構色々なことが出来るんだよ! ってことを知って貰うと良いのかも知れない。その利便性と、様々な分野で活用が出来るということを知って貰えれば<興味>が生まれるんじゃないか。逆に未知な印象も強くなってしまうだろうか。

パソコンって何となく小難しい印象があって取っ付き辛い

 次に、これがあるんじゃないでしょうか。パソコンは難しそうです。実際、私も子どもの頃はそう思ってましたし。ご年配の方は尚更でしょうね。難しくないって知って貰うためにはどうしたら良いか、まずは触って貰う必要があるのですけど、正直キーボードが難しそうに思わせている大きな要因であることは間違いなさそうです。キーボードによる文字入力って、テレビのリモコン操作のように簡単にはいかないじゃないですか? 「こんにちは」と打つのに「KONNNITIHA」って私は打ちましたけど、こんなのすぐには覚えられませんよね。ローマ字の理解は出来ていても、キーボードの配置を覚えてローマ字の順番と結び付けて指先に伝えるのが非常に困難です。そこにプラスして、マウスの操作が入ってきて特定のアプリケーションをダブルクリックして起動させるとか、インターネットするにはInternet Explorer(死語)を立ち上げるとか、いらなくなった書類はゴミ箱にドラッグ&ドロップですよ〜何ていったって、もう全部を全部把握するのは無理です。そして、それぞれのアプリケーションごとにソフトウェアとしての操作方法も異なるってんで、これはもう地獄ですよ。

 じゃあどうしたら良いかってことになりますけど、キーボードやめたら良いんじゃないかと思うわけですよね。マウスもやめて、タッチパネルと音声入力だけに絞ったら良いんじゃないかと。

「メール!」っていったらメールソフトが立ち上がって「佐藤さん!」っていったら相手のアドレスが確定して、そこからは口頭で文章を綴っていく。既に今の技術で出来ることだと思いますし、現実的にいけそうじゃないですか? タブレットはタッチパネルだし、音声認識のシステム(Siriとか?)をもう少し整えて入れてしまえば、簡単・簡略化が可能となるでしょう。しかし、こうなるとスターバックスでオシャレな使い方は出来なくなりますね……その点は再考の余地がありそうです。

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.