没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

何かと貰える偽キャンペーンが流行っているようですが、未だに携帯メールにも大金あげたいとかいう謎のメッセージも来るよ

以前は牛角の偽キャンペーン

 少し前は牛角を騙った(誤認させる?)謎のキャンペーンが流行りましたね。

 牛角の運営元である株式会社レインズインターナショナルがプレリリースを出しているみたいですが、こちらの文面には法的な措置を取る旨は記載がありません。あくまで注意喚起という意味合いなのでしょうね。牛角にとっては、まさに寝耳に水の事件だったことでしょう。

 テレビのニュースでこのキャンペーンを打った広告会社のお偉いさんが「以後、このようなことがないように管理体制を強化し、内容のチェックしっかりする」みたいなことをいってましたが、既に世に出回ってしまった事実に対してはどう折り合いを付けるのかが気になったところです。実際に登録された方は沢山いるみたいですし、個人情報*1はどうなるのでしょうか。

 どうやらこの会社は、お小遣いサイトを運営していて前々から評判がよろしくなかったようです。お小遣いサイトには疎いのでよく分かりませんけど。過去にはスマホゲームの課金アイテムが手に入る! みたいなキャンペーンを沢山打ってて、例えば『黒猫のウィズ』のクリスタルとか、『モンスターストライク』のオーブとか。そう言われると、ネットで広告を見たような気がして来る。多分、課金アイテム広告打ってもお咎めなしだったから、次は更に一般層へ向けて牛角を利用したのでしょうね。少し安易な気がしますが、ニュースになる程の問題になってやっと「まずった!」と気付いたのではないでしょうか。

 こちらに関して更に気になる方は「キラキラウォーカー」で検索してみてください。

現在、一番ホットなのはPokemon GO(ポケモンGO)の偽キャンペーン

nlab.itmedia.co.jp

 今回は、Pokemon GO(ポケモンGO)でポケコインが沢山貰える! みたいなキャンペーンが流行ってるようです。これは広告として打たれているというよりも、Twitterユーザーが呟くカタチで広がっているようですね。

 私も早速、当該ツイートを見付けたのでアクセスしてみました。すると既に404 Not Foundになってるようですね。株式会社ポケモンのジャブが効いてるのでしょうか。法的措置を含めた調査・検討ってのが気になりますね。株式会社ポケモンは版権について非常に厳しい会社ですし、コンテンツが売り物の会社ですので、今回の件は結構怒ってるのではないでしょうか。

 ポケコインを無料で60,800枚あげるよ! ってのは、ポケモンGOユーザーにとってはかなり魅力的でしょうし、実際に登録した方もいそうですね。しかし、この手の<タダで色々あげるよキャンペーン>はよっぽど運営元がしっかりしていなければ手を出さない方が無難です。メールアドレス奪われたら、大量の迷惑メール届いたりしますし。要注意でないといけない。昔から「ただより高いものはない」と格言がありますし、無料で何かを手に入れようとすると、それ相応の対価が必要となる点は認識をしておいた方が良いでしょう。

最近、何とかして大金を譲渡しようとする人物からメールがくる

 相変わらず携帯電話(スマートフォン)への迷惑メールって絶えず来ますよね。どうなんでしょう。20年前くらいから迷惑メールを受信し続けているような気がします。手口も様々なのですが、過去に比べると「脅し」から「懇願」に変わって来たような気がします。

 例えば「脅し」でいうと、「あなたが使用したサイトの料金が支払われてません。即、振り込んでください。債権回収業者へ委託することになります」みたいなやつ。でも、ここ最近は殆どそういった内容のものは来ません。既に脅しが通用しないのは迷惑メール業者も分かっているようです。今は「懇願」の時代となりました。

「懇願」がどういう内容かというと「私には使い切れない祖父の遺産があります。昔から信用しているあなたに2億円受け取って頂きたいのです。すぐに連絡を頂きたいです」みたいな内容……こちらの方が成功率が高くなって来ているんでしょうね。お金を受け取ることでマイナス要因が発生するという想像が至らないために引っ掛かってしまうのだと思いますが、金をチラつかせる謎の迷惑メールって非常に危険な気がします。

 あと、熱意が昔よりも凄いかな。うっとおしいくらいに凄い。迷惑メールが一つのストーリーになっていて、何通も何通も来るんですよね。

 以下に、私が受け取った主語がない謎のメールを引用したいと思います。

お久しぶりです。覚えていらっしゃいますか?
あの時、あのサイトでお渡し出来なかった例のお金の件です。
私が手配していて渡せないままで終わってしまっているのがどうしても耐え切れなく、失礼ながら探偵事務所等にてお調べさせて頂き、このアドレスに辿りつきご連絡させて頂きました。

あの時渡せなかった全額、未だに渡せる状態で残っています。
どうか渡したい、あの時の渡せなかった無念を晴らしたい!

きっと貴方もまだ忘れておられないはずです、あれだけ手続きをしたのですから。
でももうご安心ください。サイトでの手続きはもう要りません。何故ならこうして直接連絡を取れるのですから。

こうして個人間で渡せるタイミングを何とか作りましたのでお返事頂き次第すぐにお渡ししたく思います。
ご連絡をお待ちしておりますね。

 これが最初に到着したメールです。<あの>が何を示しているのか分からないので、もう少し具体的にした方が良いのではないでしょうか? それから、お金を渡すことが無念を晴らすことになるのが分からない。意味不明です。

突然のご連絡でしたから、驚かれていると思います。
あのサイトでは散々連絡を取り合いましたが今こうして個人間でメール出来ているのが、夢のようです。

あの時、お手続きなさったのに受け取られていなかった全額がまだ渡せる状態で残っております。

ご安心下さい、もうサイトを通しておりませんのでポイントも何もかかりません。
私はどうしてもそれをお渡ししたく、この貴方のアドレスを探しあててご連絡させて頂いたのですから。

もう私からの連絡も無視されたまま、どうすればいいか分からない貴方が受け取るべきだった多額のお金を手続き放置したまま、渡せないままでなんていたくありません。

あのサイトはもう止められたのですか?それともまだおられますか?

 こちらが二通目です。未だに話に具体性がありません。あのサイトが何なのか、探偵事務所まで雇ったのであれば、アドレスを探し当てるのではなく、本人を探し当てたら良かったのでは?

あれだけ私と手続きをし、貴方は負担も沢山なさったではないですか。
その時に渡せなかったお金は捨てられておりません。

まだ渡せる状態で全額残っております。

手続き上、本当は破棄されてしまいそうになったんです。
それを私が自腹で止め、確保しておきました。

何としてでも貴方に渡したかったから。

忘れたなんてことはないはずです、悔しい思いと共に覚えているはずですよ。
このアドレスを探し出すのにも苦労しました。

でも貴方の事を思うとそれも苦ではありませんでした、あの時、あのサイトで私と手続きの連絡をしていた貴方のほうが大変でしたから。

もうそんな思いを残したまま、諦めなくて大丈夫です。
あの時のお金をサイトではなく私からこのままお渡しする為に連絡したのですから。
覚えていますか?あのサイトの名前。
それとも思い出したくもないですか?

 ふわっふわし過ぎて話が浮ついてますが、謎のサイトの手続きで悔しい思いをして、それがお金に繋がってるってのはどういう状況なのでしょうか? 株式とかFXのサイトでしょうか。少し気になりますね。

何度もこうして連絡をしてしまい、申し訳ありません。
以前もこのように私から何度も連絡しましたね。覚えていますか?
あのサイトの中で私も何度ポイントを買った事か。

貴方からなかなか来ない返事を待つのが待ちきれなくて、
連絡をする為に湯水のようにメール代を使っていました。

でも貴方も同じだったと思います。
私から約束のお金を受け取る為に、辛い思いを何度もしたと思います。

それを叶わぬ夢のままで終わらせたくないと思ったからこそ、
サイトを通してではなく、個人間でこのようにメールさせて頂きました。

どうかあの時に諦めた夢、受け取れずにいたあのお金を私から責任を持って渡させてください。
お返事、待っております。

 うーん。湯水のようにメール代を使うということは、マッチングサイトでしょうか。メール代がポイント制の。お金を受け取ることが夢ってのはあんまりじゃないでしょうか。謎は深まるばかりです。

もう何通もご連絡しているので、分かっておられると思いますが。
それでも今一度きちんと考えてほしくてまた連絡しました。

あのサイトでお渡し出来なかったお金、それを何としてでも貴方に渡したくて連絡しました。
あの時、受け取れずに結局貴方と連絡も取れなくなって…私は非常に危機感を感じていました。

貴方が受け取る為にやってきた手続きも、受け取る予定だったこのお金も、
全部が無駄になってしまうかもしれないと思ったからです。

私の渡したいという熱意はまだお忘れになっていないと思います。

朝から晩まで毎日何度も連絡していたのが、今となっては懐かしいと思われるかもしれませんね。
でも貴方があれだけ苦労して手配したものを、私はどうしても無駄にしたくありませんでした。

どうか受け取って頂けませんか?あの時のお金を。
今度はあのサイトの中じゃありません。

もうポイント代に怯える事はないんです。
ただあの時私から渡せずに手続きだけで終わったあのお金を、
今度こそ私から渡させてください。

お返事待ってますからね。

 貴方じゃなくて、メールアドレスまで特定してるならアカウント名も当然覚えているはずだし、ハンドルネームでのやり取りをしていたのであれば、もう少し具体名も出て来て良いんじゃないかと思うのですが、曖昧としたままですね。

覚えておりませんか?

あのサイトであれだけ私と例のお金の受け取り手続きで散々連絡を取り合ったではないですか!
まさかそれを忘れてしまったのですか?

私は忘れていません!貴方から連絡が届かなくなってからも貴方にずっと連絡も送っていました。
どうしても渡したい!貴方があれだけ頑張って手続きした事を無駄にしたくない!
その想いでいっぱいだったからです!

だから、無茶をして貴方のこの連絡先まで調べてご連絡させて頂きました。
どうか誤解をなさらないでください。

これは貴方にあの時のお金を渡したく連絡しているので、
お渡ししたら目の前でこの連絡先は消去します!

悔しくないんですか?忘れてしまっていいんですか?泣き寝入りみたいなことをするんですか!?

私は嫌です!貴方に渡すと約束してあれだけあのサイトで毎日手続きの連絡を送っていたのですから!
それを無駄にしたくないのです!

感情的な文章で申し訳ありません、ただどうかあの時のお金を貴方に渡したくて。
恨まれてもいい、ただどうしても渡したい。
貴方も忘れていませんよね?
あのサイトでの事を!

 ちなみに、これが最後のメールです。何のことはなく。全体で見れば、この迷惑メールは30点です。せっかく長文を書く熱意はあるのに、ストーリー性がなく具体的な設定もなく食指が動くような内容でもない。書き手側ももう少し頑張った方が良かったと思います。

たまにはクスッと笑える迷惑メールもあるのですが

 最近はとんとなくなりましたね。皆さんもご存知の『主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました』級のメールはもう生まれないのでしょうか。騙す業者側の手口もTwitterを使うなどの時代に即した内容に変わって来てますから、純粋なメール媒体での騙しは今後減っていくのかも知れません。

 そう考えると、時代の変化も感じますね。

*1:メールアドレスなど

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.