没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

人生の試練は戦うことだけじゃないということを教えてくれる『Dan The Man』


Dan The Man Stage1

お姫様を救うのはゲームの基本

 ファミコンがバカ売れしたかの時代から、アクションゲームといえばお姫様を救出することが基本形だったのだけど、今でもそうなのだろうか。何故、姫という輩はこうも誘拐されやすいのか。アクションゲームで最も有名な『スーパーマリオブラザーズ』だって、ピーチ姫は毎回さらわれる。もう様式美なのかも知れない。クッパは見た目どんくさい感じがするのだけど(亀だけに)、しかし誘拐の成功率を見るとそうでもないらしい。もしくはよっぽどピノキオが仕事をしていないのか……いずれかだろう。

 確かに、ピーチ姫がさらわれなければマリオシリーズはゲームとしての目的がなくなり、成立しないのも分かるっちゃ分かるが、それにしてもマリオの旅はハードだ。『スーパーマリオブラザーズ3』以降*1は本当に顕著で、厳しい旅が多い。

 ただ、そんな困難な冒険を乗り越えたところで、果たして主人公はお姫様と幸せになれるのか、といえばそれは分からない。この現実世界でだって、運命の人と結婚をしても性格の不一致が後になって発覚して離婚をすることだってあります。バツイチ、バツニ、バツサンと不名誉な称号がつくことになるかも知れない。

そして『Dan The Man』

 今回、ご紹介する約6年前の動画は、ブクマを適当に掘ってたら出て来たのでブログのネタにしてみる。ブクマコメントには「秀逸なオチだな」と書いてあったが、さすがに小学生が中学生になってしまうくらい前のことは覚えていない。久々に観て「確かに秀逸だなぁ」と感心しました。私も感性は変わらないらしい。その点は良かったかな、と思う。

 この動画では、主人公のDan(ダン)が、自宅から出発して姫を救い出すんだけど、その後に大変な受難に遭遇するというもの。うーん、こういうのを観ると女性って恐ろしいとか思ってしまいがちなのだが、別に性格の問題だから、この物語で描かれている姫がとんでもない性格なのだろうということで納得。私もどこかの誰かから男女関係の相談をされることがあるのですが、結構しんどい話を聞きますし、しんどい話をしてたら私までしんどくなります。大抵「別れたらいいんじゃないか」と言って済ますのですが、当然、当人達にとってはそんなに簡単な話ではなく、もっと入り組んだアルゴリズムがあるようで、どうにも私には分からないし、結論が出ないなら出ないで相談をする前にもっと深刻に悩むことが大事だと思う。

 まあ、それはさておき、動画をお楽しみに。

久々に観たらシリーズが増えていた?

 昔、この動画を観た時は、ここに引用した動画しかなかった気がするんだけど。なんか増えたっぽい。ちょっと他のシリーズも徐々に観てこうかなぁ、と思ってます。

 こういう内容でも一発ネタにはならないで、シリーズを作れるってのは才能だなー。スター・ウォーズみたいだ(無責任)。

www.youtube.com

 

 この間、はてなのどこかで見たゼビウスの対談記事が面白かったな。田尻智氏の昔の本を読みたいんだけど、まだKindleで出てないみたいで残念。

*1:『マリオブラザーズ2』が一番難しいのは知ってるけど、あまりにも難し過ぎて闇歴史なイメージがあるからね。

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.