没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

『TERRA BATTLE テラバトル』は久々にRPG的なゲームとして評価出来る

f:id:kikinight:20141112050219p:plain

 携帯ゲームが隆盛して久しいですが、最近プレイしている『テラバトル』がとても面白いので書いてみる。

僕の携帯アプリゲーム遍歴

 これまでにプレイした携帯ゲームは、言わずと知れた『パズル&ドラゴンズ』それからmixiが生んだ黒船『モンスターストライク』、SEGAが送り出すタッチ&アクションRPGゲーム『チェインクロニクル』、版権ゲームの申し子バンダイナムコが運営する『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストシューターズ』、コロプラの化け物タイトル、世の中の知識も身に付いて楽しい『黒猫のウィズ』などなど……。

 まあ、話題のゲームは一通りやってる。お布施といったら言い方は悪いが、それなりの課金も繰り返してきたが、先月くらいに配信が始まったMISTWALKER最新作『TERRA BATTLE テラバトル』がマジで面白い。何でこんなに楽しいのかを考えてみた。

TERRA BATTLEの魅力

 僕がRPGに求めている要素のひとつとして、本来は正しくないのかも知れないけど「強固な積み木を重ねていけば負けない」これがある。つまり、どういうことかと言うと、「経験値を稼いでキャラクターを育てていればある程度負けない」ということだ。この辺のゲームバランスって結構大事で、最近の携帯ゲームに顕著だったのは「どんなに手持ちのキャラクターを強く育てても、戦略を練って思考を凝らした上でやっと戦いに勝利出来る」といったものが大半であった。場合によっては、特定のキャラクターを所持していないと戦いに勝つことが出来ない。それを手に入れるためには、(課金をしていないという前提で)ガチャで運良く手に入れなければならない……という具合。

 お恥ずかしい話であるが、僕は頭を捻ってゲームをするのが苦手だ。属性の概念とか、キャラクターごとの特性とか、そういうのを考えて積み木の組み立てを変えなきゃいけないのは、なかなかにして困難。考えることを放棄して「とにかく強く育て上げたキャラクターなら勝てるんじゃねーか?」ってのは大抵のゲームアプリでは一蹴の元に伏される。

 いや、自分がそういうプレイスタイルになってしまったのも、幼少の頃に『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』に慣れ親しんでいたためで、これらのゲームは、ある程度キャラクターを強くすれば物語を進められるという利点があったから楽だった。本当に楽だったんだよ。

 まあ、確かに、全く持ってバトルの中に戦略性を持たせなくて良いゲームなんて存在しない。それは理解出来るが、僕が求めているのは、プレイヤー側が工夫をしなければならないのは、ボスバトルでの立ち回りくらいで、それさえ上手くこなせば負けないというゲームだ。短絡的に過ぎるかも知れないが、それが一時の工夫だけで先に進めるゲームの特性であり利点だ。かの名作『クロノ・トリガー』もそうだった。

 主人公陣を育ててガチガチにさえすれば、『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』のラスボスには勝利出来る。僕はその程度のゲームバランスを求めていて、その方が気楽だし、サクサク先に進められるのでストーリーを追うことが出来る。ようは、やり甲斐ってやつが生まれるのだ。結果が簡単に伴ってくれるから。

『TERRA BATTLE テラバトル』はそうした往年のRPGに近い要素を持っており、非常に懐古的な感性をくすぐられる作りをしている。

 手持ちのキャラクターを熱心に育て上げ、少しの工夫を重ねればストーリーを進めることが出来る。キャラクターを鍛えるための要素も、ある程度の簡単な条件で仕組まれており、それがまた僕のゲームに求める要素と合致していた。

 ゲームに求めるものは娯楽性と気楽性。そこまで熱心でなくとも、気楽に何となくプレイしていても、様々なイベントを楽しめるというバランス作りが非常に重要であった。そして『TERRA BATTLE テラバトル』はそれを満たしていた。最高である。

課金をしなくても何とかなりそうなゲームバランス

 無料配信をしているゲームにおいて『課金』は非常に重要だ。どんなゲームでも課金をされなければ運営が出来ない。当然である。なんたって、開発費が掛かっているし、管理費や人件費も掛かっているだろう。それなのに『TERRA BATTLE テラバトル』は課金を熱心にしなくとも、あらゆるバトルに勝利が出来る程度のゲームバランスを維持している! これは凄いことですよ。いや、「『TERRA BATTLE テラバトル』にお金を掛けるな!」なんて言うつもりはありません。実際、私も多少は課金しました(笑)。

 ただ、これだけサクサクと自分が育てた手持ちのキャラクターだけで先に進める、そして重要な点である自分が気に入ったキャラクターさえ育てさえすれば、それはいつまでも役に立つ。という部分は、RPGゲームとして非常に評価が出来るのだ。

『TERRA BATTLE テラバトル』ではキャラクターごとにランクの概念があり、SSランク、Sランク、Aランク、Bランク、Cランク、Dランクと能力に差があるキャラクターが存在している。しかし、たとえそれがBランクの手に入りやすいキャラクターであったとしても、メチャクチャに育て上げれば強くなり、物語の後半戦まで連れ立って冒険が出来るのだ。これは素晴らしいことであり、他のゲームだと「Bランクのキャラクターなんて使い物にならねぇ……」なんて悲しい出来事が起こりやすいが、『TERRA BATTLE テラバトル』はそうではない! お気に入りのビジュアル、お気に入りのデザインを持った愛着あるキャラクターにいつまでも活躍してもらえるというのは、プレイヤー側としては大きな好意を持つ決定打となって然るべしである。

 マジで言いますけど、我慢さえすれば、課金をしなくても手持ちのキャラクターで何とかなってしまうのは『TERRA BATTLE テラバトル』の素晴らしい利点である。

『TERRA BATTLE テラバトル』を作っている人

 見出しでは内包仕切れないのだが、『TERRA BATTLE テラバトル』を作っている人達の人数は計り知れない。

 ただ、著名な人物を挙げてみると、先にMISTWALKERと書いたことで察してくれる人もいるかも知れないが『TERRA BATTLE テラバトル』の運営に携わっているのは、あの『ファイナルファンタジー』を初代から支えた坂口博信氏! そして『ファイナルファンタジー』の音楽の父である植松伸夫氏! さらにドラッグオンドラグーンのキャラクターをデザインした藤坂公彦氏! もう、ここまで来てハズレなんてあり得るはずがない。間違いのないゲームアプリが此処にある。それが『TERRA BATTLE テラバトル』なのだといっても過言ではない。

 いや、実際、植松伸夫氏の音楽は『ファイナルファンタジー』を彷彿とさせる出来であり、ボスバトルでのメロディは「俺はFFの最新作をやっているのか!? うわー、懐かしい感じだ!」と興奮冷めやらぬ出来である。

 こうした点も、往年のRPGファンがニヤニヤとしてしまう原因であり、演出である! このゲームを続けてしまう計り知れない意欲に繋がっている。とにかく、昔ながらのRPGが僕の手のひらに収まっているのだ。クリエイターの皆様には感謝感謝の至極である。

そこのスマートフォンを持っている君に

 今すぐ『TERRA BATTLE テラバトル』をプレイすべきである!

 もし、君が30代で『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』をプレイしたことがあり、更に「最近のゲームアプリはだるい」と思っているなら、騙されたと思って『TERRA BATTLE テラバトル』をやって欲しい。

 

 まだゲームとしては発展途上かも知れない。しかし、これから搭載される予定の<対戦プレイ>や<協力プレイ>などの新要素も沢山ある。発展途上だからこそ成長する余地は幾重にも広がっている! また、こういう言い方もあれだが、今の内にゲームをプレイし、ある程度の冒険を重ねてくれれば、間違いなくこのゲームの魅力に気が付くはずだ。

 僕が保証しよう。

 もし、騙されたと思ってプレイして本当に騙されたと思ったら申し訳ないけども、これまで沢山の携帯アプリゲームをプレイした僕でも自信を持っておすすめすることが出来るのは間違いない。

 

 ゲームは娯楽だ。だが、娯楽には本気で望まなければならない。

 

 それを実感するには『TERRA BATTLE テラバトル』をプレイすべきなのだ。

 今すぐダウンロードをして損はない。そして深い深い誘いの旅に赴くのだ!

 

 僕らの戦いはまだ始まったばかりなのだから……。

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.