読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

映画

平坦なドキュメンタリータッチとしての映画『戦場のピアニスト』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

相変わらず前情報なく何となく鑑賞する 映画を観る時に、敢えて事前にどんな作品なのかを調べないことがよくある。それが正しいか間違っているかはよく分からないけれど、生粋のジャケ買い男としては、そんな無鉄砲なやり方もアリなんじゃないかと思っている…

公開終了日に今更ながら『君の名は。』鑑賞してきました《評価・感想・レビュー》

とても美しい映画だった 私にとって、今日という日は忘れてはならない日となった。日は跨いでしまったが、2017年4月14日は忘れてはならない日だ。 映画『君の名は。』だけでなく、自分の人生にとって、今日という日はある意味では一つの節目となる日となった…

あらゆる意味で崖っぷち!? 壮大な企みに満ちた『崖っぷちの男』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

邦題のタイトルセンスが良くて惹かれる 何が良いって<崖っぷち>って言葉が良いですよね。原題も『Man on a Ledge』ってことで、結構そのままな気はしますけど、崖っぷちって焦燥感とか悲壮感とか、そんなイメージを上手に表現出来ていて好きです。追い詰め…

アメリカ全体を大混乱に陥らせた世紀の嘘つきマーク・ウィテカーを描く『インフォーマント!』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

最近の映画だと思ってたら2009年作品だった 本作の主演はマット・デイモンですが、彼については肉体派で、困難な状況を打開するアクション俳優といったイメージがあります。『ボーン・アイデンティティー』の印象が強過ぎる……のだけど、そんなマット・デイモ…

映画の本編前映像(予告・CM)について好意的な意見が増えてきている? 数年前までは叩かれまくってたものだが……

話題の映画前予告&CMについて もう昔から議論されてて、既に肯定派と否定派の意見も出揃ってしまったかと思っていたのですが、やっぱり定期的に話題になりますね。映画の本編前予告とCM。 話題の発端となったのは以下のブログ記事です。ここで上手いな〜と…

凄まじい記憶の混乱に陥る主人公に鑑賞者も???となる『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』を観ました《評価・感想・レビュー》

パッケージがカッコいい 西島秀俊といえば『MOZU』だよな! って感じになってきてますが、単純にイケメンだし佇まいとか雰囲気が良くて昔から好きなんですよね。この映画もパッケージがカッコ良くて気にはなってました。ただ、前情報を何も持ってないで観た…

気遣い出来る良いおっさんの悲劇『Father』を観賞しました……《評価・感想・レビュー》

気軽に観られるショートムービー サクッと観られる映画ってないかな、とdTVザッピングをしていたら──dTVにはショートショートもあるんですね。5分から20分程度と、時間的にも多岐にわたる印象で、少ない時間でも「あー映像作品観られたわー」と満足出来る感…

豪華キャストのほんわか演技が楽しめる『恋妻家宮本』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

その鑑賞は、タイトルの誤読から始まった 見出し文は作品コピーをパクっただけで、あまり深い意味はありません。ORANGE RANGEがbounceで「パクろうぜ!」っていってたのを不意に思い出してしまいました。全く関係ない話でしたが、現在公開中の『恋妻家宮本』…

2047年、宇宙と地上に引き裂かれる恋人たち『ほしのこえ』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

人類史上最長の遠距離恋愛 恋愛においての相手との距離感は非常に大切であって、物理的距離・精神的距離が近ければ近いほどに深く相手を知ることが出来るが、そのいずれかが離れてしまうと、途端に相手の存在すらも感じられなくなってしまう。如何に通信機器…

何もかもがスタイリッシュでカッコイイ『スナッチ』を観ました《評価・感想・レビュー》

死体の始末方法で豚の餌とするのは有効な手段なのか よく「お前なんて豚の餌にしてやる!」という風なセリフをギャング映画などで目にするのですが、実際に豚の餌にした所で、死体の始末としては本当に有効なのでしょうか? これまでに様々な映画で死体の始…

きれいなブルース・ウィリスを少しだけ堪能出来る『サロゲート』を観ました《評価・感想・レビュー》

ちょっと前の映画かと思っていたんだけど 最近、時間が経つのが早いのもあるのですが、今回取り上げている『サロゲート』も個人的には「お、3〜4年前の映画だっけ? なんか近未来的なやつだっけかな」くらいの印象しかなく、よくよく調べてみると2010年の映…

梅宮辰夫の登場、三上と上田の本気の勝負『日本統一2』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

あれから8年経ったらしい…… ヤクザと聞いて最近、思い起こすことといえば、先日ニュースになっていた山口組と神戸山口組のいざこざ? 司忍組長がどこかの駅に到着した際に、神戸山口組の組員さんが「サインくださーい! サインくださーい!」と言って謎の圧…

超名言の登場、チンピラとヤクザの本気の勝負『日本統一1』を鑑賞しました《評価・感想・レビュー》

Vシネマは安心して観られる ヤクザの出てくる映画が好きです。それは何故かというと、基本的に殴り合っているだけだからです。確かに、戦略性に富んだインテリヤクザも出てくるには出てくるのですが、そういった利口なヤクザは、上司や部下の勝手な行動に右…

『楽園追放-Expelled from Paradise-』 至極単純なエンタテインメント大作であった《評価・感想・レビュー》

巷で話題沸騰の『楽園追放-Expelled from Paradise-』を鑑賞しました。これは良い作品ですよ。 私の中で気持ち的に「虚淵玄って、最終的にはネガティブなどんでん返しを好む人だよな……」という曲解を含んだ認識がございましたが、本作に関してはそういったこ…

『大洗にも星はふるなり』は平和な密室コメディでした《評価・感想・レビュー》

2009年公開の『大洗にも星はふるなり』を観ました。 こちらは2006年12月に劇団ブラボーカンパニーが恵比寿・エコー劇場で上演した舞台劇だそうです。舞台の映画化って、けっこうありますが、本作はとても平和で、しかし飽きの来ない内容でサックリ観られまし…

『最強のふたり』は気楽に観られる娯楽作品だった《評価・感想・レビュー》

フランス映画としては異例の大ヒットとなった『最強のふたり』を鑑賞。 日本では2012年公開ということだったが、ロングランとなっていたので、つい最近まで劇場公開されていたような気もする。ちなみに私はdビデオに契約して映画を観ているので、この頃の映…

『人狼ゲーム』を観たら、パニックホラー的な要素が強かった《評価・感想・レビュー》

桜庭ななみ主演の『人狼ゲーム』を観ました。 あらすじ ある日、10人の高校生が謎の組織に拉致され、謎の施設に集められた。皆がおいおい目を覚ますと、謎の遊技「人狼ゲーム」を遂行するように謎の犯人からの指示が届く。 「なにがゲームだよ、馬鹿らしーぜ…

映画カテゴリの目次

説明 こちらでは映画カテゴリの各記事を管理しております。アニメ映画については『アニメカテゴリの目次』にてご確認ください。こちらでは邦画・洋画をまとめます。 あ〜ん・A〜Zまでが昇順で並んでいます。 あ 『大洗にも星はふるなり』(2009年)邦画 『イ…

鑑賞カテゴリについて

説明 こちらでは鑑賞カテゴリをまとめています。 各ページの記事一覧はアクセスがしやすいように随時、更新をしております。即座に反映がされていない場合がある点はご了承ください。 映画カテゴリの最新更新順ページ kikinight.hatenablog.com 映画カテゴリ…

没個性テーマパーク:EXTRA内のレビューまとめ

説明 こちらは、当ブログ内のレビュー記事ページ目録となります。 カテゴリごとに分かれてますので、ご興味のあるものをご覧ください。 小説カテゴリの目次ページ kikinight.hatenablog.com 漫画カテゴリの目次ページ kikinight.hatenablog.com 映画カテゴリ…

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.