読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

没個性テーマパーク:EXTRA

Wait a minute, wait a minute. You ain't heard nothin' yet!

凄まじい記憶の混乱に陥る主人公に鑑賞者も???となる『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』を観ました《評価・感想・レビュー》

パッケージがカッコいい

 西島秀俊といえば『MOZU』だよな! って感じになってきてますが、単純にイケメンだし佇まいとか雰囲気が良くて昔から好きなんですよね。この映画もパッケージがカッコ良くて気にはなってました。ただ、前情報を何も持ってないで観たので、一体どんな映画なのかは知らず、dTVの映画一覧を観ていて気になったので選んで観ました。鑑賞後に、知識がない状態で観たことが本当に良かったということを痛感したのですが。

 本作はジャンルとしてはアクション&サスペンスとなるんですかね。その割にはタイトルで重大なネタバレがあって他レビューサイトなどでは叩かれてるのですが、まぁ確かにそうだわな、とは感じます。ちなみに、日韓合作映画で両国の俳優たちが入り混じってます。ヒロインの中村ゆりさんは超美人でした。だからこそ本作での扱い厳しいな〜と思ったりして……。

 さて、以下より本作の内容について触れていきますのでネタバレを含む内容となります。ご注意ください。特に、この映画は最終的に内容が明らかになって「ああ〜」ってなる作品なので、これから映画観る人は読まない方が良いかと。

あらすじ

 ある日、イラストレーターの石神武人(西島秀俊)が自宅に帰ると妻が殺されていた。しかし、すぐに死んだはずの妻から電話があってキョドる、チャイムが鳴ると警察と名乗る不審な男たちが現れ、疑いを向けられている気がしたのでその場を抜けようとすると警察に追われ始めて……降って湧いたような災厄の嵐に見舞われ、石神は次々に散々な目に遭う。夜の街をダッシュしていると偶然に親切な女性記者(キム・ヒョジン)と出会い、自分の身に起きた謎の事態と対峙する。実はこの事件の背景には壮絶な事実が隠されていたのだ。


映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』予告編

混乱の繰り返し、主人公も鑑賞者も混乱

 あらすじの訳がわからないと思いますが、本当にずっと訳がわからないままスピード感のある展開が続きます。妻が殺されているのか生きているのかとか、自分の家だと思っていた場所が他人の家になってたりとか、妻の実家に行って妻の名前を出しても「それって誰やねん?」みたいな対応をされたり、石神の理解が及ばないことが起こりまくり、鑑賞をしている私も「???」でした。これが怒涛の展開で繰り返し発生するので、集中して観ていないと「?????????」となっていきますので、要注意となっています。ただ、不親切な作りだからそうなっているのではなくて、敢えてそういう演出なんだなというのも分かります。この描き方で主人公同様の混乱を鑑賞者にも味わって欲しいという監督の意図なのでしょう。

西島さんの肉体美と主人公の整合性

 これはタイトルにも入っちゃってるので書いてしまいますが、この映画の主人公である石神はイラストレーターであるはずなのに、実は天才科学者だったのです! このあたりの説明は省いてしまいますが、しかしイラストレーターだとしても科学者だとしても、彼が筋肉ムキムキなのは謎です。趣味で身体を鍛えていたのか?

 あと、先述した通り謎の組織に追われるのですが、それから逃れる時に夜の街を失踪する際に身体能力が高過ぎるんですよ。ガラスの屋根によじ登ったり、数百メートル走ったり、ある程度の高さの塀を飛び越えたり、カーチェイスを繰り広げたり、格闘戦がなかったとはいえ、十分なハイスペックの持ち主だったから私は勘違いし「記憶失ってる凄腕スパイって設定じゃないだろうな」と、洋画にありがちな展開を思い浮かべてしまいました。結局は単純に石神が凄かっただけで背景(なぜに身体能力が高いのか)の説明はなされずに闇の中。しかも天才科学者で頭が良いということで文武両道のスーパーマンじゃないですか、これが中年の太ったおじさんだったらすぐに謎の組織に捕まって物語が終わってしまいます。うーん、ジム通いだったのかな?

記憶の崩壊を描いている点は非常に良い着眼点かと

 石神は最初から最後までずっと混乱し続けて、物語が進むにつれて、自分が本当はイラストレーターではなくて科学者だったという事実や、日本人ではなく韓国人だったということや、自分の記憶が他人のものと入れ替わっているということが徐々に分かって来ます。

 この中でメインとなる記憶を入れ替えるウィルスの存在なのですが、これがなかなか厄介な代物だったんですね。石神はそのウィルスにとある理由で感染し、そのせいで今回の事態が発生している訳ですが、実際にこんなウィルスがあったら夢が広がりますけど悪用されそーってものです。

 概要を簡単に説明すると、そのウィルスはアルツハイマー病の特効薬で、ある人に注入すると脳内の記憶を読み取り保管することが出来る。そのウィルスを取り出して精子バンクのように保存しておき、その人がアルツハイマーを発症したら再び注入する。そうすると失われた記憶が補完され、アルツハイマーが改善するというようなものです。本人から本人への使用が基本なのですが、これを他人へ注入するとどうなるのか? 記憶が上書きされてしまうということが発生してしまうと。正直、この設定は魅力的でした。他人の人生を(自らも他人になったと気付かないまま)生きることが出来るという点、この作品はサスペンスとして消費されてましたが、本設定については別の使い道もありそうです。人が死なない物語でも。

 最後にお伝えしたいことは、出演していた中村ゆりが超美人だったということ。他にも出演作が多いので、別の作品も観ないとなーと思った次第です。

800文字(原稿用紙2枚)程度の日記

独自ドメイン取得

 とても大変だったのですが、独自ドメインを取得しました。いや、大変ではなかったのかな、なんかブログってもの自体は10年くらい前からやってて、このサイトの前身のサイトは6年とかやってて、でも独自ドメインだけは腰が重くて導入には気が引けてた。なんか、お金も掛かるし面倒臭そうだなーってだけだったんですが。

 しかし、何となく最近はそれなりに時間が出来てブログの更新も頻繁に行えるようになってきたので、独自ドメインを取得。お名前.comでゲットした。それ自体は面倒じゃなかったのだけど、色々なサイトに登録をしていたURLの設定を直したり、Google関係の項目を直したりするのが大変だった。しかも、まだ完全には終わってない。


Karateka (NES) in 6:48

いつになったらデュエルエクスマキナはリリースされるのか

 今、一番注目しているスマホアプリゲームだよ。βテストに当選したのでやってたんだけど、なんかシャドウバースと同じくらいハマりそう。しかも、ルール自体はシャドウバースよりも簡単そうです。これは勝手な勘違いかも知れないけど。

duelsxmachina.com

 結構、絵が好みだったりするんですよね。昔、ただただ画面をタップし続けるゲームであるロード・オブ・ザ・ドラゴンってのをやってたのですけど、本当にタップし続けるだけだった。あと何だっけ……そうそうエターナルアップライジングってゲームもしてました。ぶっちゃけ、ロード・オブ・ザ・ドラゴンとほとんど変わりません。でも単純過ぎて面白かったんだよなー。あれは何なんだろう。あの単純さ。興味がある方は検索してみてください。ゲーム自体は既に運営が完了してます。

僕たちがやりました8巻出たね

 これ、大好きな漫画なんです。やっと今日読んだんですが、この巻は相当に面白かったですね。ネタバレになるので語りません。その内、1巻から読み直してレビューをし直そうと思います。あー、誰かと語りたい! んー、リンク見てみたらkindle版の1巻が0円っぽい。講談社キャンペーンやってんのかな。

ブログ更新情報をプッシュ通知でお知らせ! Push7を導入してみました《登録・設定方法も紹介》

RSSとも違う新しいWebプッシュ通知サービス

 既にRSSリーダーもFeedlyやLive Dwango Reader、大チェッカーくらいしか存在しないわけで、読者がWebサイトの購読情報を仕入れるためにはTwitterやFacebook、自力でBookmarkから定期アクセスして取得するなど、なかなかどうしてアナログな方法しか無くなってきてしまいました。

 それが良いのか悪いのかは別として、先日「なんか更新情報通知に良いサービスないかな〜」と思って調べていると、Push7というサービスを発見しました。

push7.jp

 それで「おっ」と思いまして、更に色々と調べてみると、私も知らなかったのですが最近はWebサイトの更新情報をアプリケーションを介さずにPCやスマホなどの端末へ直接送信出来るようになったようです。これ、相当に便利ですね。特にスマートフォンに届くプッシュ通知ってユーザーはほぼ確実に見ますからね……。革命だと思いました。

導入するなら早い方が良いかも……

 Push7の公式ブログを読んでいると、この機能ってまだあまり導入しているサイトがない様子、これはちょうど良いと思って当ブログにも導入して見ました。

 PCからであれば右側のサイドバーに<購読する>というボタンがあると思うのですけど、それがPush7で設定したものです。こちらにも貼り付けてみます。

 

 

 

 こんな感じで表示されます。すこぶる簡単ですね。ちなみに、これはボタンとして機能してますので、そのまま押していただければ登録も可能です。ユーザー数が2017年3月12日(日)時点で「1」なのは私しか購読してないからです(笑)。増えると良いけど。

 スマホ版ですと、記事下部の<フォローする>の部分に、他のサービスと似たようなカタチでボタンを設置してみました。CSSいじれば何となくいけます。

導入方法

 ざっくりと文章でお伝えします。

  1. https://push7.jpにアクセスし、アカウント登録を行います。

  2. 「新規アプリケーション」ボタンから各項目を設定。
    『アプリケーション名』は自サイト名で良いかと。
    『URL』は自サイトのURL
    『アイコン』はダイアログなどに表示されますので、自サイトのアイコンと合わせました。ファビコンとかと同じに。
    『アプリケーションURL』はPush7ウィジェットなどでのリンクURL(購読用URL)となります。

  3. 次にアプリケーションのDashboard画面に移りますので、そちらから「自動送信」を設定していきます。
    『RSS』は自サイトのRSS Feedの登録、はてなブログであれば<http://サイトURL/Feed>で問題ないはずです。分からなければ、次のサイトで自サイトのURLを入力して確認してみてください。ブログ購読者数チェッカー - konisimple tools
    『Welcome』は購読をしてくれた方に最初に飛ぶプッシュ通知の内容設定です。「ありがとうございます!」の感謝の意を伝えましょう。
    「タイトル:○○の購読、ありがとうございます!」「URL:自サイトURL」「内容:感謝の気持ちを込めた文章」チェックボックスの「クリックされるまで表示」と「カスタムイメージを使用」はお好みで。私は両方チェック入れてます。
    『WordPress連携』は、はてなブログしかやってないのでよく分かりません。
  4. 次に「導入設定」を変更していきます。まず、何はともあれサイトにSDKを登録する必要があります。右上の<Push7 SDK>ボタンを押してコードの表示、こちらをコピーして自サイトのbodyタグの末尾に貼り付けます。はてなブログであればPC版もスマホ版も<ヘッダのタイトル下末尾>への貼り付けで大丈夫でした。
    『ボタン設定』は好みのボタン表示形式を選択し、表示されるコードを任意の場所に貼り付けるだけです。
    次に『BOX設定』ですが、こちらはユーザーへの購読を促すダイアログが表示される設定です。イメージが表示されつつ各項目の設定が出来るので、好みの内容にしてみてください。最後の「PCで表示」「モバイル端末で表示」にチェックボックスを入れることで、ユーザーがサイトを開いた時にダイアログが表示されるという仕組みです。
  5. 「ドメイン設定」ですが、独自ドメインを取得しているのであれば登録して良いかもしれません。私は昨日独自ドメインを取得したので登録してみました。こちらを設定することによって、SSL証明書なしでも自分のドメインからプッシュ通知を送信することが出来るようになるので意味が分かる方は設定しても良いのでは。こちらの登録方法はドメイン取得サイトのインターフェースにより設定方法が異なるので省略させて頂きます。

 以上、ざっくり紹介でした。

 なお、本サービスですが月に5,000件までの通知無料のようですが、それ以上となると有料での利用登録が必要となるみたいですのでご注意ください。まあ、5,000件もプッシュ通知飛ばすことないよね……多分。

プッシュ通知で更新情報が来るのは結構感動です!

Push7に登録してみて分かったのですが、自分の端末にピャーッと、プッシュ通知が届くのはかなり感動します。「スゲェー」って感じです。はてなブログを渡り歩いてみましたが、あまり登録されてる方がいらっしゃらないようですのでオススメしときます。

クオリティ高っ! ゲーム動画を忠実に実写化する異能集団CORRIDOR DIGITAL

映像技術が超絶進化し過ぎて、もうよく分からないレベル

 世の映像技術はますます発展し続けており、既に実写なのかCGなのか素人目には分からない時代となってきました。

 先日、トビー・マグワイアが主演していた頃の『スパイダーマン』を観たのですが、公開当時の頃は「すげぇ映像だ! 半端じゃない!」なんて感じてたのに、目が肥えてしまったためか既に「すげぇ映像だ! CG感ありあり!」となってしまいました。

 しかし、この頃の洋画作品は「実写だよね?」とどこをどう観てもリアルにしか見えない、そこまで映像技術は進化しました。

 それが顕著に分かる映像が以下の動画です。


Amazing Before & After Hollywood VFX

 特に凄いのは4:00辺りからですね。昔のハリウッドはセットを作成するのに大金を掛けてましたが、今は全部VFX技術でなんとかなってしまいます。凄いですよね〜。

ゲームの実写化も年々リアリティを増してきた

 Youtube黎明期からゲームの実写化動画は沢山ありましたし、私も色々と観てきたつもりですのでそちらはまた別に記事にするとして、最近発見したCORRIDOR DIGITALという愉快なチームの動画作品を紹介していこう。映像のクオリティ高っ! と、驚いたんだけど、もう個人作成でもぶっ飛んだこと出来る時代ですよね、感慨深い。

f:id:kikinight:20170308122813j:plain

Corridor - YouTube

 さて、早速ですが最初に紹介するのはバグを題材にした作品です。海外ではバグのことを(若干のニュアンスの違いはあれど)グリッチと呼ぶようです。


The Glitch

 サムネがヤバいですが、32bit機ゲームをプレイしていた世代には懐かしい印象の映像ではないでしょうか? あの頃の箱庭系ゲームではよく壁にハマったり、急激な勢いで空に投げ飛ばされたりがありました。そういった映像を見るたびに爆笑してたものですが、それを上手く実写化したものです。冒頭の兵士姿の男が床にハマって流されるところとか「懐かし〜っ」って感じですね。

 お次はこちら、『Real GTA』という作品です。


Real GTA

 私はGTA3しかやったことがなく、他のシリーズは動画サイトでしか観たことがないのですが、この映像のリアルさはよく分かりますね。特に主人公役の男性の動作・所作、非常にこだわりが見えます。自転車に乗る姿のモーションなども上手いことゲームを真似てますね。これ、撮影時に何も知らない周りの人が見たら本当に焦るのでは……何てことも思ってしまいました。

 また、この動画を観たときに感じたことがあって、これはもしかしたら今後のゲーム製作者が目指す到達点なんじゃないかなと、つまりこの動画のレベルまでクオリティを引き上げたオープンワールド系のゲームが将来的には出てくるんじゃないかと考えられます。きっと、Rockstar Gamesならその内やってくれるでしょう。まあ、あまりにもリアルになり過ぎてしまうと、それはそれで規制など別種の問題が生じる可能性は高いが……。

 最後の動画は『RED vs BLUE』という動画です。


RED vs BLUE

 非常にバカバカしい内容で、世の様々な赤と青を戦わせるというものになっております。元ネタがいくつ分かるか? ってことで、自分のサブカル指数を測ることも出来る内容ですね。私も半分くらいしか分かりませんでしたけど。

金魚による金魚のための蹂躙『渋谷金魚 1巻』を読んだ《評価・感想・レビュー》

渋谷、金魚に喰われる

 今回は『渋谷金魚』という作品の紹介です。こちらを購入したキッカケはAmazonのオススメに出ていたからで、決め手は表紙の金魚が可愛かったから……なのですが、この金魚のもでんとした愛くるしさはあまり他人には理解されないかも知れませんね。

 まあタイトルもキャッチーですし、帯のコピー「この金魚、人を喰います。」ってのも上手いことやったもんだなと。衝動買いさせるには丁度良い感じの、やるなスクウェア・エニックス。個人的にはこういう感じ大好き。

 さて、以下より内容紹介や感想などがございます。ネタバレ箇所もあるかと存じますので、未読の方はご注意頂きたいのですが……正直なところ、1巻に関しては金魚出現の理由や目立った事件など、ほとんど語られていないので、この先の文章を読んでも特に問題ないかと。

あらすじ

 とっても退屈な毎日を過ごす映画だけが趣味の平凡少年、月夜田初(つきよだ・はじめ)。しかし、ある日急にその退屈な日常は破壊される。渋谷に突如として現れた大量の人喰い金魚によって……。

 あまりに突然のことに動揺を隠せない初だったが、渋谷から脱出するため覚悟を決める。果たして初は助かるのか? 未曾有の大パニック・サバイバルホラーが幕を開ける!

まさに突如として、金魚が登場!

 主人公の月夜田くんがDVD屋に立ち寄っていたところ、同級生の美少女がナンパされており、それを助けたところ、金魚が出現する! という──この、物凄い脈絡のなさは魅力の一つだと思います。大抵の漫画的世界だと、ある程度の伏線を乗り越えて<異変>ってのが起きるものですが、本作に関しては、普通に道を歩いていたら空飛ぶ金魚に遭遇した、くらいの脈絡のなさです。

 しかし、こういった日常の崩壊という世界を描くのであれば、敢えて説明を少なめにし突然カタストロフィなステージへと登場人物を放り込んだ方が、むしろ説得力があるんですよね。それから、説明が少ないことによって、読者に「どうしてこうなってるんだ? 何が起きてるんだ?」と考えさせることによって、感情移入を促す効果もあるでしょう。

 説明なく日常が崩壊するのは最近の漫画では多いですが*1、この予定調和な崩壊をどのような手段で覆してくれるかが今後の見所となってくるのではないでしょうか。

人喰い金魚について

 さて、人喰い金魚についてですが、先述した通り、1巻の段階では出現理由や効果的な対策などは不明のままです。様々な種類の金魚が現れるのは目に見えて楽しいですし、バカでかい金魚がフンをするシーンは、その効果も相まってこの巻のハイライトといって良いのではないかと。

 ひとつ不明なことが、出現理由などは置いとくとして<金魚が喋る理由>これが気になりますね。なんか「お母さん」とか「どこなの」とか「お腹すいた」とか色々と喋ります。何なのでしょうか? この意味不明の言葉を喋る謎のクリーチャーという存在がそのまま『GANTZ』を彷彿とさせるのですが、あちらは単純にクリーチャーの鳴き声的なものだったのに対して、本作はある程度の理由が用意されてるのでしょうけど……。

 金魚ってノスタルジーを感じさせるものですし、古めかしいものを想起させます。この金魚の中にはきっと怨念がおんねん……今は勝手な妄想でそう考えてますが、何を起因としたものなのかは現状では想像も付きません。もし、金魚の出現理由が明確に語られなかったら、個人的には落ち込みます。

エピソードを分ける群像劇として

 あらすじに書いた月夜田初くんですが、本作の主人公なのかどうなのか1巻を読み終わった現在では微妙な感じがしてます。というのも、1巻の最終話で次巻では主人公が変わる予告がされており「エピソード2開始!」みたいなことが書いてます。つまり、ある程度の話数で区切って、主人公を切り替えていく群像劇方式なのだと思われます。物語を多面的に語れますし、最終的に全員が集結するという演出を施せばドラゴンクエスト4方式として楽しみな流れとなります。ただ、登場人物により金魚出現の事象を語っていくのであれば、物語の進行スピードも落ちてしまいますし、その辺りは作者の力量が問われると思いますので、今後の展開がどうなっていくのかが楽しみです。【管理番号:あ001-001-001】

*1:有名どころだと『GANTZ』や『ハカイジュウ』などでしょうか。逆に、日常の崩壊を丁寧に描いていたのは『アイアムアヒーロー』とか。

© 2014-2017 kikinight All Rights Reserved.